男女の出会いをテーマにした恋愛作品を作るのは難しい

男女の出会いをテーマにした恋愛作品を作るのは難しい

私は、ドラマや映画やアニメやマンガなどのフィクション作品において、男女の出会いをテーマにした作品ほど難しいものはないと思っています。

 

私は男性ですので、そこまで数多くのそういった恋愛作品をみたわけではありませんが、それでもそう感じることがとても多いです。

 

そもそも、男女の出会いというのは、そうドラマチックにおとずれるものではなく、意外と日常のひとコマの中にあるものです。しかし、それをあまりにも淡々と描いていたのでは、恋愛作品としての魅力に欠けてしまいます。

 

ですが、今度はそれをあまりにも現実離れしたものにしてしまうと、それをみた者は「そんなバカな」と逆に呆れてしまいます。

 

つまり、男女の出会いをテーマにした恋愛作品を作るときは、そのバランスのちょうど真ん中あたりにしなければならず、そのバランスというのがとても難しいのだと私は思います。

 

また、男女が出会って恋に落ちる瞬間などは、極めて人間の内面的なことであるため、それを作品として表現することはとてもスタッフや演者の力量がいると私は思っています。

 

ですので、そういった男女の出会いをテーマにした恋愛作品というのは、数あるフィクションの中で最も難しいテーマだと私は思います。